<< ジャスミンの開花。 | main | 摘みたてバジルのトマトソース。 >>
2013.03.11 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.06.28 Thursday

コンフリーの液肥。

 
おナスのウドンコ病が先日再発。



うそ〜・・・とショックを受けつつも、前回は二株ともなっていたけど、今回は一株のみ。

去年はならなかったのだけど、今年の株は弱いのか。

今まで固形肥料しか与えたことがなかったのですが、

今年はあげるタイミングが遅くなってしまい吸収されるまでに間に合わなかったなぁと思い、

米酢スプレーをしたあと、もらいもののコンフリーの液肥を与えて数日。

一気に元気を取り戻しお花がパカパカ咲きはじめてひと安心♪



コンフリーの液肥は、会社の近くの田んぼをやってるおばあちゃんからもらったもの。

まぁほったらかしよ、水やりしてたま〜にこれ(液肥)あげて脇芽だけきちっと摘むだけ。

というのがおばあちゃんのお野菜栽培法。

そのおばあちゃんの作ったトマトのおいしいこと!瑞々しくてぎゅっと濃い味。

私もこんな野菜が作れるようになりたい、と思うようなおいしさ。

頂いた液肥はまだまだあるので追肥に使ってみると、不安だったパプリカとピーマンもわさわさ。



色づきを待つのは長いけど、大きくなって実がついてくれると待ち甲斐もあり。

おばあちゃんの言ってたことは、少し前にちらっと呼んだ永田農法とも通じていて、

そのものの成長をサポートするような栽培がいいなぁと改めて思いました。

2013.03.11 Monday

スポンサーサイト

コメント
お野菜を育てるのってやっぱりコツが
あるんだね〜。
病気も早く見つけて対処してあげたら元気になるなんて
人間と同じだね〜(^−^)。

おばあちゃんの液肥すごい!
コツもシンプルだしたくさん野菜育てたくなっちゃうね〜♪
こんにちは〜。きれいなお花ですね。
質問なのですが、ウドンコ病が発生した葉っぱはやはり廃棄処分ですか? その後健康な葉に米酢スプレーですか? 今朝メロンの葉が白っぽくなっているのを発見してさっそく廃棄したのですけど、予防する方法ってあるのかなーと疑問に思っているところです。
  • 点子
  • 2012.06.29 Friday 16:43
ふじこさんへ
それぞれの野菜のコツがあるみたいで、
数やって分かってくるんでしょうね〜(>_<)
あたしはまだ三年目、
でもやっぱり去年よりはお世話も慣れたの♪
立派な実が採れるようになったら送りつけるね〜笑!
  • kanachi31
  • 2012.06.29 Friday 19:05
点子さんへ
私は廃棄にしています。拡大と再発の可能性が低い方がいいかなと。
米酢は殺菌消毒の効果があるそうで被害葉を切ったあとに葉の両面と枝部分にも散布しています。
メロンの葉であれば地面に近、自然とく風通しも悪くなるので、
蒸れている可能性もあるのかもしれませんね(>_<)
大株と言えるサイズであれば葉数を数枚減らして風通し良くするといいとどこかで書いてありましたよ!
  • kanachi31
  • 2012.06.29 Friday 19:43
どうもありがとう! 参考にさせていただきます。
  • 点子
  • 2012.06.29 Friday 23:15
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
PR
Booklog
●日本ブログ村●
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
●5STYLE●
kanachi31
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM